活用例

クラウドをご検討中・活用中の企業様向けご提案

BCP/DR対策として、iDCの活用をご検討される企業様が増えています。 情報システムをiDCへ移行する場合、現在の情報システムを構成するサーバ機器のリソース利用状況・トラヒック状況の 把握が移行成功の鍵を握ります。iDC活用は、情報システムを「見えない化」するため、管理・運用を困難にします。 また、移行後はキャパシティプランニングの判断材料を日常的に得ておくことが、管理運営面で重要となります。

isNetSentry-Sは、クラウド上に構築された情報システムを「見える化」し、情報システムの管理・運用を支援いたします。

事例紹介(静岡大学情報基盤センター様)

<ページTopへ>

サーバ連携によるスケール容易性

複数の監視サーバで監視運用を行う場合、一台を監視サーバ群の監視にご利用いただくことで、 容易に監視システムの連携を図ることができます。


<ページTopへ>