製品の特長

エージェントレス

監視サーバー機器以外に特別なソフトウェアをインストールする必要がありません。
付属のインストーラーにより、監視サーバーを簡単にインストールできます。

Webインタフェース

全面的にWEBインタフェースを採用することで、特別の監視クライアントソフトを不要としました。
いつもお使いのブラウザーから、いつでもリモート/ローカルを問わず監視が可能となります。

現在の状況をわかり易く一望

鳥瞰図の様に全体を俯瞰できるネットワークマップは、ネットワークの利用者にとっても 問題発生箇所と影響範囲を直感的に理解するためにとても重要な役割を果たします。

大型TVなどに表示することで、少し離れた場所からでも状況を知ることが可能であり、 管制室のコックピットとして利用することも可能です。

監視画面

<ページTopへ>

過去も見逃さないしくみ

システムの注意、異常状態が、言葉と色で表現されており、一目で状況の把握が可能です。
一画面で必要な情報をすべて見ることができるため、 誰にでももわかりやすく、簡単な操作で 目的とする情報にアクセスできます。
異常が発生している期間は時間軸が赤色に変化、時間の巻き戻しにより、ワンアクションで過去の状況を把握できます。
監視結果詳細では、テキスト形式(死活監視・ログ監視)/表形式(ネットワークI/F)/グラフ形式(リソース監視)により、情報をリアルタイムに表示。 過去から現在までの情報を知りたい時に見ることが可能です。

監視画面

<ページTopへ>

ネットワークマップの編集

WEB上での編集をもっと楽しく簡単に!

監視画面

登録機器のMAP配置は、全てマウス操作。MAP編集時間を大幅に短縮できます。

テキスト編集・枠線編集・リンク線編集機能を搭載し、 イメージ通りのトポロジーマップを作成することが可能となりました。

また、機器の登録はCSV形式のファイルより一括で登録することも可能ですので、資産情報との連携や 既存の監視システムからの乗り換えもスムーズに行えます。 監視対象機器数・監視項目数の制限もありません。

<ページTopへ>